教育は子供だけでなく大人も生涯学び

小さい子供をしつけるための教育は、幼いころからすることが肝要です。
しかし、持って生まれた性格をどう活かすかは親でもありその子自身でもあります。
親は子供を見て、どう育てていくかも迷いますが、時には外へ出して第三者の手にゆだねて教育をするのも良いでしょう。
趣味の場でも、子供だけに限らす大人も学ぶことが多くあるはずです。
悪口を言うばかりではその人や子供の成長がありませんし、権威を振りまいてばかりでは心が狭き人になってしまいます。
権威と自分自身の成長と重ねるのでなく、それに伴い心も成長させていく事です。
権威と自分の心の領域を広く持つことで、そして多くの人の声を聴くことでわかる人にならねばなりません。
聞く耳を持つことがとても大事です。
人は年齢に関係なく成長をしていくことができます。
学歴、お金、年齢が上にこだわらず、人としての道を歩んでいく際に心が成長していけば、人間形成に近づくという事になるでしょう。